トップ > ソリューション > RFoGシステム

ソリューション

HFCの資産を有効活用
DOCSIS機器やシステムをFTTHで継続運用できる

RFoGシステム

RFoGシステムとは、HFCからFTTHに移行した場合も、DOCSIS仕様のCMTSとケーブルモデムをそのまま利用して通信サービスを提供できるシステムです。
DOCSISの資産を有効活用することで投資額の大幅削減ができると共に、FTTHを見越した光伝送路の整備が行えます。

特 長

  • HFCからFTTHへの段階的な移行が可能です。
  • GE-PON方式との併用運用ができます。
  • BS・CSパススルーサービスが可能です。
  • 宅内工事は保安器をR-ONUに入れ替えるだけ。
  • 棟内工事不要で集合住宅にも対応しています。

システム概要

センターに光送受信機を追加し、加入者宅には保安器をR-ONUに変更するだけで、既設設備のままBS・CSパススルーサービスやDOCSISによる通信サービスを提供できます。棟内工事も不要です。

HFC→RFoG(FTTH)システムイメージ図

集合住宅対応

戸建と同様に集合住宅の場合も、センターに光送受信機と集合住宅側にR-ONUを1台設置するのみで対応できます。ケーブルモデムなどの設備はそのまま使用でき、棟内工事は不要です。

集合住宅システムイメージ図

主な構成機器

光サブラック SFHS-7000

RFoGシステムに最適な高密度実装に対応した光サブラック

光サブラック SFHS-7000 画像
  • 光送信ユニット、光増幅ユニット、光切替ユニット等の多彩なユニットを用意。省スペースでセンター装置が構成可能です。
  • 電源ユニットを2台搭載できるため、電源ユニットの無停波交換が可能。冗長性が確保できます。

詳しい仕様はこちらから [PDF 163kB]

RFoG光端末器 SOTR-301R(H 755 A3)

BS左旋帯域に対応したRFoGシステム用R-ONU

R-ONU SOTR-301R 画像
  • 低い受光レベルで高いRF信号を出力できます。
  • 小型・軽量で省スペースでの設置が容易です。
  • 着脱式ファイバートレイは、光ファイバーの接続作業が容易にでき、別筐体のトレイを必要としません。
  • 遠隔制御機能を搭載。遠隔制御センター装置からR-ONUの下り・上りの制御が可能です。

詳しい仕様はこちらから [PDF 95KB]

棟内型光ノード SOTR-301R(□□ 755 A3)

BS左旋帯域、CWDM波長に対応した集合住宅向けR-ONU

R-ONU SOTR-301R 画像
  • 上りレーザーはCWDM波長(17波長)に対応。
  • 複数の集合住宅等を、上り下り1心の光ファイバーに波長多重して伝送できます。
  • 遠隔制御機能を搭載。遠隔制御センター装置からRF信号の制御が可能です。

詳しい仕様はこちらから [PDF 107KB]