トップ > ソリューション > FM告知放送システム

ソリューション

地域の安全・安心をケーブルで実現
緊急情報から地域情報まで迅速かつ確実に伝えます

FM告知放送システム

地震・津波・火山活動・大雨による河川の氾濫・土砂崩れなど、日本は災害が多い国です。こういった災害の被害を最小限にとどめるには、災害情報や避難情報を確実に伝えることが重要になります。また、凶悪犯罪等も増加傾向にあり、地域の情報共有も求められています。

「FM告知放送システム」は、これら課題を解消しつつ地域のコミュニティツールとなる、ケーブルテレビインフラを利用した有線告知放送システムです。

特 長

  • FM技術が基本で、センター設備もパソコンベースなのでローコスト。
  • CATV、電障施設、FTTH施設など、伝送路を問わず導入できます。
  • 録音機能やFM再放送受信機能で、確実に情報を伝えます。
  • 電話や遠隔放送装置からも、簡単な操作で放送できます。
  • テレビ工事の技術があれば良いので、設置や保守が容易。

システムイメージ

防災システムイメージ図

放送の種類と機能

緊急放送
緊急放送イメージイラスト緊急地震速報や気象警報、J-ALERTなど緊急を要する情報を、一般放送受信中であっても最優先で切り替え、端末の設定音量に関わらず最大音量で一斉放送します。

※ 必要なシステムをご用意いただき、FM告知放送センター設備に接続する必要があります。

一般放送
行政情報や自治会のお知らせなど一般的な放送を、設定音量で放送します。 一般放送イメージイラスト
リピートラジオ放送
一斉放送などの放送コンテンツを、ラジオ周波数を利用し、指定時間内に繰り返し再生放送します。
一斉放送
サービス全域に対して、一斉に放送が行えます。
グループ放送
グループ放送イメージイラスト同時刻に、地域やグループ毎で異なった内容の放送を行えます。最大32グループまで設定可能です。
定時放送
スケジュール放送イメージイラスト定時チャイムや広報など、定期的に繰り返し流す放送を予め録音し、放送範囲・日時・期間を設定しておくことで、自動放送を行えます。遠隔地からも登録可能です。
公衆電話回線による放送
電話による放送のイメージFM告知放送センターに電話し、音声ガイダンスに従い操作することで、どこからでも放送を流せます。予め登録した電話番号のみ受け付けるため、関係者以外の不正アクセスを防ぎます。
最大8回線まで増設可能です。
IP遠隔放送
IP遠隔放送のシステムイメージIP遠隔放送装置を利用することで、消防署や公共施設など放送センター以外からでも各種放送が行えます。
CATVインターネット回線、行政イントラネット、専用回線等を利用できるので、柔軟なシステム構築が可能です。
最大250台まで設置できます。
屋外拡声子局からの放送
屋外拡声子局との連動イメージ屋外拡声子局に屋外拡声制御BOXを取り付けることで、緊急放送などを大音量で屋外放送できます。端末が設置できない地域にも、情報を伝えられます。

告知放送端末 機能とラインアップ

緊急時にわかりやすい
AFM-510C 切り替わりイメージイラスト一般放送やラジオ放送受信中でも、緊急時には自動的に緊急放送に切り替わります。大型ランプをフラッシングさせ、端末の設定音量に関わらず最大音量でお知らせします。
AM/FMラジオ受信
告知放送を行っていない時に、AM/FMラジオ放送を楽しめます。

※ AFM-400シリーズ、AFM-600CはAM受信非対応。

※ AFM-400、AFM-600CはケーブルFM再放送受信のみ。

電源バックアップ
電池での電源バックアップに対応。停電時でも安心です。
グループ設定
端末の個別アドレスにより、特定のグループのみの放送や端末管理ができます。
放送を録音
緊急放送や一般放送を合計約10分間録音できるので、放送の聞き逃しを防げます。件数分けも可能。

※ 全シリーズ普及型機種は非対応。

録音がある場合、お知らせランプが点灯し、録音があることを知らせます
外部出力放送
外部出力端子付き告知放送端末では、館内放送や屋外スピーカー用PAアンプなどに接続できるので、緊急放送を広範囲へ放送できます。
光端末器との連携
光端末機との連携イメージ図FTTH伝送路で運用する場合、FM帯域無給電出力対応の光端末器と組み合わせることで、停電時でも光端末器がFM帯域のみ低いレベルで出力し、通常と変わりなく告知放送を伝えられます。(告知放送端末はバックアップ電池で動作)

※ AFM-400、AFM-410、AFM-410Bは非対応。

地域情報システムとの連携
地域情報システムとの連携イメージイラスト通常時はケーブルから告知放送を受信しますが、ケーブル遮断時や屋外へ持ち出した際には、自動的に地域情報システムの受信に切り替わります。ケーブルに接続していなくても、地域放送や緊急放送を聞けます。

<対応端末>

  • デジアナ防災受信型 AFM-501C、SFM-101
  • コミュニティFM放送受信型
    AFM-612C、AFM-602C、SFM-212、SFM-202
文字放送システムとの連携
文字放送システムとの連携イメージイラスト文字表示端末と接続することで、放送を文字で表示できます。放送が聞きづらい場所や視覚障がい者への福祉サービスとしてご活用いただけます。

<対応端末> AFM-410CMD

AFM-600シリーズ

低価格でも高音質を実現した「はがきサイズ」の小型タイプ

AFM-610C 外観画像
  • はがきとほぼ同じサイズなので、設置場所を選ばず持ち運びもらくらく。配線も目立たないシンプルデザイン。
  • 音量調節は操作性の良いダイヤルボリュームを採用。
  • FMラジオはワイドFM(FM補完放送)に対応した広帯域受信。

詳しい仕様はこちらから [PDF 341KB]

AFM-500シリーズ

液晶ディスプレイ表示・充電式電池に対応した可搬型デザインタイプ

AFM-510C 外観画像
  • 選局情報などが見やすい液晶ディスプレイに加え、操作ボタンの大きさや機能による色分け、配置を考慮したユニバーサルデザイン設計。
  • 停電時の動作保証用バッテリーに充電式ニッケル水素電池を採用。

詳しい仕様はこちらから [PDF 198KB]

AFM-400シリーズ

操作ボタンの大きさ・配置を考慮したユニバーサルデザイン

AFM-410 外観画像
  • 操作ボタンが大きく配置も考慮されたユニバーサルデザイン設計。
  • 緊急放送時は左右2つの大型ランプをフラッシングさせるので、視認性に優れます。

詳しい仕様はこちらから [PDF 291KB]

<シリーズ機能比較>
項目 AFM-600シリーズ AFM-500シリーズ AFM-400シリーズ
表示形式 LEDランプ LED・液晶ディスプレイ LEDランプ
ラジオ受信 AM/FMラジオ放送受信
(AFM-600CはケーブルFM放送受信のみ)
FMラジオ放送受信
最大音声出力 0.5W 1W (バッテリー動作時は0.5W)
バッテリー 単3乾電池 × 4本 ニッケル水素電池 × 3本 単3乾電池 × 4本
設置形態 据え置き・壁掛け・可搬型 据え置き・可搬型 据え置き・壁掛け

録音/再生機能、FM再放送受信、グループ設定などの基本機能は全シリーズ対応。
(但し、普及型は全シリーズ録音機能非対応)

主な構成機器

FM告知放送センター装置

FM告知放送センター装置 外観画像
<主要装置>
  • ヘッドエンドサブラック
  • バスユニット
  • 電源ユニット
  • 音声切替器
  • FM変調器
  • センターパソコン
  • 各種ソフトウェア
<特 長>
  • サブラックを使用したコンパクトなシステムで、冗長性をもたせた構成です。
  • IP遠隔放送や公衆回線による放送ができます。
  • 放送までの起動が速いため、便利な放送運用が可能です。
  • スケジュール放送などの各種放送・外部入力放送・FM再送信サービス編成・不正アクセス防止など、さまざまな機能をそなえています。

詳しい仕様はこちら [PDF 1.1MB]

IP遠隔放送装置

IP遠隔放送装置 外観画像
<主要装置>
  • クライアントPC
  • 音声IP伝送装置
  • 各種ソフトウェア
<特 長>
  • コンパクトなシステムですので、机上に設置可能です。
  • タッチパネル操作で、速やかに緊急放送や即時放送を開始できます。
  • IP遠隔放送装置は複数台設置可能です。

詳しい仕様はこちら [PDF 773KB]

屋外拡声制御BOX

屋外拡声制御BOX 外観画像
<主要装置>
  • PAアンプ
  • 告知放送受信ユニット
  • 遠隔監視装置 SRM-100(オプション)
<特 長>
  • シンクレイヤ製告知放送システムが導入されている地域において、屋外拡声放送システムを構築でき、大音量で公衆放送できます。
  • 防災行政無線システムで局所的に屋外拡声器を追加できない場合など、簡便に有線による屋外音声伝達システムを構築できます。

詳しい仕様はこちら [PDF 276KB]

CATV/BS・CS-IF帯域低受光型光端末器

SOR-823R 外観画像
  • 停電時(無給電状態)でも、告知放送システムで使用しているFM帯域信号を出力できます。
  • SOR-823Rは、RF出力端子とは別にFM出力端子を設けており、独立した配線が可能です。

詳しい仕様はこちら [PDF 320KB]