トップ > ソリューション > クラウド活用のソリューション > ICT活用による見守り(WiFi Plug)

ソリューション

クラウド活用のソリューション

見守りプラグ(WiFi Plug)とは

WiFi Plugとは、コンシューマ宅に設置する電源装着型のプラグです。
家電製品とコンセントの間に接続し、利用者宅の電力利用をICT(Cloud)で監視。電気使用パターンを検知して、メールとプッシュ通知で他の家族にお知らせします。WiFi Plugはリピーター機能を具備しています。

[サービス概要図]WiFi Plugをコンセントに挿し、家電のコンセントプラグをWiFi Plugに挿す→WiFi Plugと無線LANルータをWPS接続し、家電の消費電力をクラウドサーバーへ送信→クラウドサーバより、登録連絡先へデータをメール・プッシュ通知でお知らせ

WiFi Plug使用のシステムによりプライバシーに配慮しながら、高齢者宅の電気使用パターンから異常を検知して親族や自治体・企業にメールで通知することが可能になります。

WiFi Plug

WiFi Plug 外観写真

見守りコンセント「WiFi Plug」

消費電力で高齢者を見守る、新しいIoTサービス。

テレビのコンセントプラグをWiFi Plugに挿す→テレビの消費電力を無線LANルーターを通してクラウドサーバへ送信→登録先へメールとプッシュ通知でお知らせ

かんたん設定で誰にでも

[Step1]WiFi Plugと無線LANルータをWPSで接続 [Step2]スマートフォンより会員登録 [Step3]見守り通知のアプリをダウンロード(無料、初回のみログインします)

見守り通知サービス 主な機能

  • 複数で見守るグループ管理
  • 見守り通知メールは最大6件まで発報可能
    (例:管理者1名+利用者5名)

過去2年間の使用電力はクラウドサーバーへ保存するため、生活パターンの分析やデータ解析など、パソコンのwebブラウザベースでご活用いただけます。

注意:スマートフォンアプリは設置時に設置対応者が使用し、運用では使用しません。

緊急性を要しないサービス用途にご使用いただけます。詳細についてはお問合せの上、ご確認ください。