トップ > ソリューション > コミュニティFM告知放送システム

ソリューション

地域密着だからこそ
コミュニティFMでリアルタイムに緊急放送

コミュニティFM告知放送システム

地方自治体は、地域の安心・安全を守るために、防災情報を住民へ確実に伝える責務を負っています。しかし、主な伝達手段である防災行政無線の整備には、財政的負担が大きくかかるのも現実です。

「コミュニティFM告知放送システム」は、緊急を要する災害等の発生時、専用装置からFMコミュニティ放送に割込放送を行い、リアルタイムに緊急放送を伝達するシステムです。コミュニティFM放送波を利用するので、防災行政無線より安価に整備できると共に、災害や停電に強く確実に放送を伝えられます。

特 長

  • 防災行政無線より安価に戸別受信機までを整備できます。
  • FM技術が基本なので、保守費も抑えられ故障率も低いです。
  • 戸別受信機は緊急時、自動的に起動・放送切替し、緊急放送を伝えます。
  • 市販のFMラジオでも、コミュニティFMを選局すれば緊急放送が聞けます。
    (強制起動、強制放送切替は不可)

システム概要

「コミュニティFM告知放送システム」は、音声切替器 SSC-4専用の告知放送端末からなるシステムです。
コミュニティFM放送局に設置したSSC-4が地方自治体からの緊急放送を受信すると、端末起動音声信号を生成し、放送音声を切り替えて緊急放送を流します(割込放送)。端末起動音声信号を受信した告知放送端末は、他局のラジオ受信中や待機中であっても、自動的にコミュニティFM放送に切り替わり緊急放送を伝えます。

有線無線併用モデルの場合、通常ケーブルから告知放送を受信しますが、ケーブル未接続時にはコミュニティFM放送波からの起動音声信号により起動し、放送を伝えます。

システムイメージ

戸別受信機は防災行政無線より安価なため、防災行政無線の不感地域や屋外拡声器からの音声放送難聴地域への対策にも利用できます。

告知放送端末

コミュニティFM告知放送端末

コミュニティFM告知放送端末 AFM-612C、SFM-202 画像
はがきサイズの超小型
ストラップを付け、端末を手で持っている写真官製はがきとほぼ同じサイズ。小さいのでどこにでも置け、持ち運びもらくらくです。
壁掛け・平置き、付属の自立スタンドで据え置きにも対応。
緊急放送に自動切替
コミュニティFM放送局からの端末起動音声信号を受信すると、ラジオ受信中や待機中でもコミュニティFM放送に自動的に切り替わり、緊急放送を伝えます。※
グループ放送に対応
地域内をグループ分けし、特定のグループのみ端末を起動し放送も可能です。
AM/FMラジオ受信
AM/FMチューナーを内蔵していますので、通常時はラジオとしてお使いいただけます。
緊急時にわかりやすい
ランプ点灯時の拡大画像(AFM-512C)緊急放送時は、拡散型ランプを点滅させ、最大音量で確実にお知らせします。
放送を録音(AFM-612C , SFM-212)
緊急放送や一般放送を合計約10分間録音できるので、放送の聞き逃しを防げます。
件数分けも可能です。
電源バックアップ
電池による電源のバックアップに対応しています。長時間の停電でも安心です。(単三乾電池×4本)

※有線無線併用タイプは、有線接続時ケーブルより放送受信。

<主な仕様>
項目 有線無線併用タイプ 無線タイプ 備考
AFM-612C AFM-602C SFM-212 SFM-202
主起動 有線制御 * コミュニティFM *有線制御時の主な仕様はAFM-600Cに同じ
無線電波型式 F8E
受信周波数 70~95MHz
最大音声出力 0.5W 100%変調
音声歪率 3% 以下 1kHz100%変調
受信感度良好時
音声S/N 30dB 以上
起動音声 独自方式
起動音声周波数 音声信号と同一
録音時間 約10分 約10分 件数分け可能
AMラジオ放送受信 AMラジオ放送 8ch登録可能
FMラジオ放送受信 ケーブルFM再放送、FMラジオ放送 各8ch登録可能
電源 DC+9V 300mA ACアダプター
バッテリー 単三乾電池 × 4本 停電時の電源バックアップ用
寸法 W148×H98×D38 mm
質量 約400g ACアダプター含まず

音声切替器

コミュニティFM放送対応音声切替器 SSC-4

公共のFM電波を利用して、無線告知放送端末の起動および放送音声を切り替えるためのコミュニティFM放送局用設備

コミュニティFM放送対応音声切替器 SSC-4 画像
  • シンクレイヤ製無線告知放送端末が導入されている地域において、FM電波により端末の起動が行えます。
  • 通常のFMコミュニティ放送に、緊急災害放送等を割込放送できます。
  • マイク端子以外に外部音声入力系統を3系統装備し、接点信号を利用した自動割込放送が可能です。

詳しい仕様はこちらから [PDF 274KB]