トップ > プレスリリース > CATVネットワークで100Mbpsの高速通信を実証

プレスリリース

2005年08月12日

CATVネットワークで100Mbpsの高速通信を実証
Wideband DOCSIS (ワイドバンド・ドクシス) システムのフィールド実験を行いました

Candant C4 CMTS

Wideband対応 Candant C4 CMTS

Wideband Modem

トライアル用 Wideband Modem

アリス・インターナショナル・ジャパン株式会社と宮城ネットワーク株式会社(愛称:ケーブルテレビ キャベツ)との合同でWideband DOCSISシステムのフィールド実験を行い、最大スループット95.7Mbpsの高速通信を実証しました。この実験には株式会社コアラテレビ、北ケーブルネットワーク株式会社も同席し、高速通信の確認を行いました。

Wideband DOCSISシステムは米国・ARRIS社(アリス社)が開発したもので、現状のCATVネットワークを用いて、下りチャンネルを束ねることでFTTHよりも高速な通信(最大32チャンネル 1.2Gbps)を実現するシステムです。

フィールド実験は、宮城ネットワーク株式会社の放送及び通信サービスを行っているネットワーク環境下で、センター側にワイドバンド対応CMTS(シー・エム・ティー・エス) C4(シー・フォー)を、端末側にワイドバンド対応ケーブルモデム(試作品)を設置し、下り4チャンネルを束ねたシステムで行いました。

今回の実験結果は、CATV がWideband DOCSISシステムによりFTTHと同等以上の高速化が可能なことを実証したもので、ケーブルテレビ局は今後FTTHに対する競争力を大幅にアップさせることが可能です。

シンクレイヤは、日本国内のケーブルテレビ局にアリス社のCMTSを300台以上納入した実績を持ちアリス社と日本国内販売のパートナーシップを提携しています。またワイドバンド対応ケーブルモデムは今年度中の製品化を予定しています。

【Wideband DOCSISシステム】
ケーブルテレビ先進国のアメリカでケーブルテレビ局のセンター装置・次世代型CMTSのナンバーワンのシェアーを持つ米国・ARRIS社(アリス社)が開発。CATVインターネットの業界標準であるDOCSIS(ドクシス)規格の次期バージョンとされるDOCSIS3.0の主要技術として有力視されています。従来のDOCSIS方式との下位互換性を保つことから、現在行っているインターネットサービスとの同時運用が可能で、使用するARRIS社のCMTS C4が導入済みであればソフトウェアの変更とWidebandチャンネルのグループ設定を行うだけで、ローコストでアップグレードが行えます。

接続イメージ図

接続イメージ図

ARRIS Widebandトライアル チャンネルアロケーション

上りチャンネル

  • 上り信号①~③はリンクアップの為に必要
  • リンクアップ後は、上り信号④で動作
上りチャンネル説明図

下りチャンネル

下りチャンネル説明図
上り帯域設定内容
  中心周波数 周波数帯域幅 変調方式
30.4MHz 800kHz 16QAM
35.2MHz 800kHz 16QAM
39.6MHz 800kHz 16QAM
40.8MHz 1.6MHz 16QAM
下り帯域設定内容
  中心周波数 周波数帯域幅 変調方式
491MHz 6MHz 256QAM
503MHz 6MHz 256QAM
515MHz 6MHz 256QAM
527MHz 6MHz 256QAM