トップ > 株主・投資家の皆様へ > 経営情報 > コーポレート・ガバナンス

株主・投資家の皆様へ

経営情報

コーポレート・ガバナンス

 

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方
 当社はコーポレート・ガバナンスの充実を、株主、取引先、従業員、社会などのステーク・ホルダーに対し、「企業価値の最大化」を図るための、効率性、透明性を持つ機能の強化と位置付けております。この企業価値の最大化の実現の担い手である全役員、全従業員には、企業理念や行動指針の徹底により、法律、社会規範、倫理等に関する意識の向上に努め、コンプライアンスやリスクマネジメントの強化を図ってまいります。

 

1. 企業統治体制(有価証券報告書提出日現在)
イ. 企業統治の体制の概要
 当社は、会社法第2条第6号に定める大会社には該当しませんが、同法の規定に基づく監査役会及び会計監査人を設置しております。
 当社の取締役会は取締役6名で構成し、社外取締役はおりませんが、監査役会は3名の社外監査役にて構成されております。  

コーポレート・ガバナンス

 当社の監査役は月1回の定例取締役会及び臨時取締役会に出席し、内部統制、会計の観点での意見、経営上の様々な助言を行ない、取締役の職務執行監視を行っております。
 また、業務執行を行う各部署責任者が参加する経営会議に取締役全員が出席し、迅速な意思決定を実現するとともに業務執行の強化に取り組んでおります。


ロ. 当該体制を採用する理由
 外部からの客観的、中立的視点での社外役員によるチェックという観点から、社外監査役がその役割を全うすることによって経営監視体制が可能となり、コーポレート・ガバナンスの強化につながるため、現状の体制を採用しております。